泌尿器科の全分野において専門的な診療を行っています

代表的な疾病

副腎腫瘍

Q&A
副腎は、どこにありどのような働きをしている臓器ですか?
みぞおちの高さで、横隔膜のすぐ下側の背中側にある3cm前後の小さな臓器です。左右に一つずつあります。ステロイドホルモン(体調維持に不可欠です)やカテコラミン(脈拍や血圧の維持に不可欠です)といったホルモンを作っています。
泌尿器科が対象とする副腎の病気にはどのようなものがありますか?

手術で切除すれば治癒する副腎の病気を対象としています。お薬や抗癌剤で治療する事が必要な副腎の病気は原則的には対象としていません。なお、副腎の病気の診断には詳細なホルモン学的検査等が必要なため、代謝内分泌内科の先生にお願いして行って頂く事が大部分です。

機能性副腎腫瘍 ステロイドホルモンやカテコラミンなどのホルモンを過剰に作る腫瘍の事です。腫瘍のある側の副腎を腫瘍と一緒に摘出する事が一般的です。
  • 「ステロイドホルモン」を過剰に作る副腎腫瘍による病気
    クッシング症候群、原発性アルドステロン症など
  • 「カテコラミンを過剰」に作る副腎腫瘍による病気
    褐色細胞腫
非機能性副腎腫瘍 ホルモンを作らない腫瘍です。人間ドックなどで偶然、発見される事が多く、概ね4cm以上を治療対象としています。
副腎がん
悪性褐色細胞腫
副腎腫瘍は一般的に良性腫瘍です。しかし、稀に悪性の事があります。ステロイドホルモンを過剰に作る、あるいはその反対にホルモンを作らない悪性腫瘍を「副腎がん」、カテコラミンを過剰に作る悪性腫瘍を「悪性褐色細胞腫」と呼びます。
転移性副腎腫瘍 肺がんや腎臓がんなどの副腎への転移巣が治療対象となる場合があります。原発巣や他の転移病巣が治癒あるいは制御されており、副腎の転移巣を摘出する事で患者様の予後を改善すると判断された場合、手術の可否を検討しています。
泌尿器科での副腎の病気の治療方法を教えて下さい。
5~6cm以下の機能性あるいは
非機能性副腎腫瘍
腹腔鏡下副腎摘除術
5~6cm以上の機能性あるいは
非機能性副腎腫瘍
開腹副腎摘除術 あるいは 腹腔鏡下副腎摘除術
(※レントゲン検査などの検査結果を慎重に検討した上で)
副腎がん、悪性褐色細胞腫 開腹副腎摘除術
転移性副腎腫瘍
(主に肺がんや腎臓がんの副腎転移に対して施行する場合があります)
開腹副腎摘除術 あるいは 腹腔鏡下副腎摘除術
(※レントゲン検査などの検査結果を慎重に検討した上で)
現在、筑波大学附属病院泌尿器科では大部分の副腎腫瘍を患者様にとって負担の少ない「腹腔鏡下副腎摘除術」で治療しております。なお、表の治療方法はあくまでも目安であり、患者様個々の病状に最も適した治療方法を泌尿器科の手術検討会で決定します。なお、切除不能あるいは転移のある副腎癌や悪性褐色細胞腫に関しましては抗癌剤治療専門の施設にご紹介する場合もあります。

患者の皆様

医療従事者の皆様

泌尿器科の全分野において専門的な診療を行っています