泌尿器科の全分野において専門的な診療を行っています

代表的な疾病

神経因性膀胱

Q&A
神経因性膀胱とは何ですか?
神経因性膀胱とは神経の病気によって膀胱や尿道の機能に変調を来している状態です。
膀胱や尿道の働きはどのように調節されているのでしょうか?

膀胱と尿道は、尿を漏れないようにためたり、尿を勢い良く残りが無いように出したりする機能を担っています。尿をためる時には膀胱は緩み尿道は閉まっています。尿を出す時には膀胱が収縮し尿道は緩んでいます。

膀胱や尿道の働き

この働きは大脳や脊髄、さらには脊髄と膀胱・尿道との間の情報交換を果たす末梢神経によって調整されています。

神経系の役割

神経因性膀胱を来す神経の病気にはどのようなものがありますか?
神経の病気であれば殆どの病気が原因となりますが、代表的なものとしては、脳卒中、パーキンソン病、脊髄損傷、頸椎症性脊髄症、脊髄血管疾患、腰部脊柱管狭窄症、骨盤内悪性腫瘍に対する根治手術、糖尿病、二分脊椎等の病気があげられます。

患者の皆様

医療従事者の皆様

泌尿器科の全分野において専門的な診療を行っています